Web版「事業ごみ受付センター」

2017年12月26日

エコスタッフ・ジャパン株式会社が、ワンストップ型の廃棄物処理受付サイト「事業ごみ受付センター」を開設し、2018年1月10日より都市の廃棄物処理・資源循環、交通環境の改善にむけた社会実験を東京都モデル事業の一環として行うのだそうです。

社会実験イメージ

この試みは、「さまざまな廃棄物をどこの業者に頼んだら良いか」、「廃棄手続きが複雑、時間を要す」などの課題がある一方で、廃棄物処理企業ではこれらの課題に対して一社単独では対応できていないということがあったのだそうです。

そこで、各社、特長を有するプロフェッショナル企業19社が連携し、次世代型のサービスを提供する「事業ごみ受付センター」をWeb上に開設したのだそうで、これ素晴らしい試みですよね。

しかも、このセンターは行政が行っている「(家庭)粗大ごみ受付センター」の事業者版の位置づけのようで、一つのプラットフォームであらゆる廃棄物を受け付け、排出事業者の事務手続きを電子化することで利便性を向上させ、また、廃棄物処理車両の効率的運用で都市部の交通環境の改善を目指すのだとか。

良いことばかり!!!!
これまさに民間ではなければ出来ない発送ですよね。
本来は、行政でしっかりと面倒を見て欲しいところなのですが、どうしても役所仕事は競争意識がないので、たらたらしており、おおよそサービスという意識ありませんからね。

美しい日本を守るためにも、このような取り組みが広がっていき、各個人が「ごみ」に対する意識を高め、エコな生き方を考えられるようになるといいですね。



タグ :ごみエコ

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
世界初のビニール傘リサイクルプログラム
悪質な手口での訪問買取
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 世界初のビニール傘リサイクルプログラム (2017-12-20 16:39)
 悪質な手口での訪問買取 (2017-12-18 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。