入札数トップはハイラックスサーフ

2018年06月28日

車買取オークションのユーカーパックが、車業者からの入札が多かった車種ランキング2018年5月度分を発表したのですが、見事2018年5月のランキングトップとなったのは、トヨタ・ハイラックスサーフなのだそうです。

ハイラックスサーフ

ハイラックスサーフは、2009年に国内販売が終了しているのですが、アウトドア好きをはじめとする愛好家がとても多く、まだまだ人気は高いようで、5月に買取成立したハイラックスサーフの中で最も高値がついたのは、2007年式・走行11万6000kmの車両で80万円だったのだそうですよ。

もともとハイラックスサーフは、トヨタと日野自動車の共同開発・生産によって供給されていて、大型のSUVとしてはランドクルーザープラドと人気を二分するほどの人気の車種でした。

日本国内では既に販売を終了しているのですが、北米では「4ランナー」という車名で現在も販売が続けられていて、一時期、新型ハイラックスサーフが日本でも発売されるのではないかと噂にもなりました。

とはいえ、いま日本ではカーシェアが流行ってきているので、あま現実的ではないかもしれませんね。

さて、話を戻すとランキング2位となったのはトヨタ・アルファードで、まぁ、これは納得のランキングですね。

ミニバンの中でも高級車と言われるアルファードですから、本当は新車が欲しいけど、値段的になかなか手が出ないから中古でなんて人が多そうですね。

まぁ、その他にもアルファードを購入したい層っていうのは、夫婦でアウトドアを楽しみたい人であったり、子供とキャンプに行きたいなどファミリー層にも受ける車種ですので、納得の人気ではありますよね。



同じカテゴリー(車買取)の記事画像
CMなどをやっている車買取店などを見てみると
高額で買い取ってもらいたい
同じカテゴリー(車買取)の記事
 CMなどをやっている車買取店などを見てみると (2018-03-05 12:16)
 高額で買い取ってもらいたい (2017-12-15 16:04)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。